えぬすたいる

アラサー女子が「丁寧に日々を満たす」ために発信!コスメ紹介・ややミニマリスト・ブログ運営・考え方のコツetc.

【撮ってもらってきたよ】どんな顔で、笑ってる?正しく磨くために。

 

写真ってさ、いろんなことを教えてくれると思いませんか?

 

 

f:id:enustyle:20190426011254j:plain

photo by unsplash

 

 

こんにちは、ポートレートモデル初挑戦のえぬです。

以前、カメラ、というか写真の魅力を一つ書いたことがあるのですが。

 

www.enustyle.com

あ、GoProのこと、書けてないやw

 

 

自分の顔って、案外知らなかったなあ、みたいな話をちょこっとだけしました。

 

偶然ではありますが、私の周りには何人かフォトグラファーさんやフォトグラファーの卵、カメラ趣味!みたいな方まで数名居まして。

何度か撮ってもらったことがあるんですが、

 

ほんと綺麗。

 

なんだあの背景のキラキラ。

 

そして今回は、カメラの練習がしたい、とのことで仲良しの方に呼ばれたので行ってきました。

 

f:id:enustyle:20190426012354j:image

 

どうでしょう?

綺麗に撮っていただきました。ありがたやー・・・!

 

実は鏡でしか見れない自分の顔。

実は、撮るだけじゃなく、撮ってもらうこともいいなあ、なんて思う今日この頃です。

 

今日はそんなお話。

 

どんな顔で笑ってますか

もともとは、被写体になるのが極端に苦手な私。

自分の顔って、鏡でしか見たことが普段はありません。

そういう時って、結構がっちり自分の好きな角度で、しかもキメた顔でw見てますよね。

だからね、愕然とするんです。

 

え、こんな顔なの?って。

 

でも一方でさ、人は笑顔が一番だ!とも言うじゃないですか。

まして私は見た目が売りの芸能人ではありません。ただの一般人。

綺麗にはなりたいけど、厳しい世界で生きているわけではないのです。

 

そう、これって、ただのちっぽけなプライド。

写真って唯一、周りが見ている顔を切り取ってくれているのに、見ていないだけなんですよね。

 

少なからず、育ててくれた両親、友達、仲間がいて、その人たちと楽しく過ごしている私と、自分自身が認識している私は違うって、なんだか不思議なものです。

 

なんか、それってどうなのかな、なんて思いました。

 

被写体になる、メリットとデメリット

とはいえ、映ってみると、ほんと愕然とする。

なんやこれーってww

いちいち落ち込まないといけないのは本気でデメリットです。

 

けれど、やっぱり、猫背直そうとか、美意識向上にはまじで向きます。

画質自体が綺麗であればあるほど。

 

メイクも姿勢も服も、表情も。

 

それって、結局自分のためになる。

 

鏡だけだとほんと自分の都合いいように見方を修正していきますけどね。

 

私の自分磨きは、そんなもんじゃ嫌だ。

 

と言うわけで、映った自分を見ると言うのはかなり刺激になります。これはメリットかなあ、なんて。

 

人から見る印象は違うもんです

でも、結構人に聞くと、ああ、これこれー!って言ってくれたりして、それがまた結構意外だったりして。

 

でも、この私と仲良くしてくれてんだよね・・・

なんて思うこともしばしば。

 

自分の気になる部分も、「え?そお?」みたいに見えてないことも多い。

 

そう、自分が気にするほどのコンプレックスかどうか、修正点はどこかを意外と正しく知れるのです。

 

f:id:enustyle:20190426012434j:image

撮影の裏側w 

 

周りの人のために、自分を知る

そして、何より人が認識している自分を知ることで、もっと感謝もできるし、仲良くなれます。

ほんと、それ。

褒めてくれた時の反応が変わりますから。

 

前に、こんな記事を書いたんですが。

www.enustyle.com

 

みんながみんな、

自分に響く言葉で褒めてくれるとは限らない。

 

けれどどんな褒め言葉も受け取りやすくなるのですよ。

これってすごく生きやすいです。写真って不思議。

 

あ、もしかしたら、けなされることもあるかもですが。

それでも一人や二人、周囲にはいるでしょう?

ちゃんとそばにいてくれる人。

インターネットだったら孤独で、どんどん傷つくかもですが、実社会は一人ぼっちではないんじゃないかな、と思います。

 

どんな顔でもそばにいてくれる人はいるものですよ。

直せば良いところだけありがたく聞いて、必要以上のけなしはほっとけば良いのです。

 

まとめ

f:id:enustyle:20190426011927j:plain

photo by unsplash

 

正しく自分磨き、そして周囲との関係のために。

極端にカメラを避けたり、必要以上の盛ったりせず、たまには楽しく自分を知るっていいなと思います。

 

あと、もちろんですが、撮る方にも愛情がたっぷりな方だとなおよしです。

ほんと、魅力的に撮る努力してくださいますから。

 

今でも私は撮られるのは苦手ですが・・・

 

たまには、自分にいいねを押してあげられる人生を歩みたいので、機会があればまた、と思っています。

 

 

取り留めのない記事でしたが、読んでくださりありがとうございます!

 

 

それでは!