えぬすたいる

アラサー女子が「丁寧に日々を満たす」ために発信!コスメ紹介・ややミニマリスト・ブログ運営・考え方のコツetc.

【自分は自分で磨く!】「褒める」って、なんだと思う?

 

そりゃあ、誰だって、褒められたいのよ。

 

f:id:enustyle:20190423014023j:plain

photo by unsplash

 

 

こんにちは、実はコーチング講師のえぬです。

今日は少し志向?を変えてみよっかな、って思っています。

 

ちょこっとだけ触れたことがあるんですか、私、コーチングってものをしてまして。

大きい企業にお勤めの方とかなら、研修とかで聞いたことあるかもしれません。

 

 

コーチングって、コミュニケーションスキルの一つです。

資格もあり、今もコーチングスクールに所属して勉強は続けています。

 

でね、まあ私のことは置いといて、

私が勉強し始めた時、妙〜にスッキリしたことがあったんですよね。

 

結構どの人にも役に立つかなと思うので、今日はそれについて書いてみようと思います。

 

自分のこと、褒めてますか

褒められて伸びるタイプ!って、よく聞きません?

まあ、怒られて燃える人もいて、そういう人ってだいたい燃え始めたら超強いから、それはそれでかっこいいんですが。

 

でも、大人になればなるほど、怒られるのは機会も減るし。

怒られたら、やっぱ嫌だし。

 

自分を責めちゃって心身のバランスが崩れる・・・なんてこともありますよね。

 

もちろん仕事など、頑張らなきゃいけない時はある。

お叱りを受け止めないといけないこともある。

 

けれど、そこから自分を持ち上げる時。

褒めてくれる人ってなかなかいません。

 

だから、自分でやるしかない。

他人からどう言われても、自分の自分への評価はどうとだってできますからね。

 

自分のことくらい褒めても良いんじゃない?

ってのが、えぬの考えです。

 

日本人は真面目な人が多いから、どこか自分を蔑みがち。

 

大なり小なり、やっぱり自分ってすごいと思いたい

マズローっていう心理学者が理論として挙げている、欲求5段階説っていうのがあります。

詳しく調べると延々と出てくるのですが、ここでは割愛。

簡単にいうと、人間は欲求がレベル別にあるんだぜ!っていう話です。

 

  1. 生理的欲求:生命を維持したい!
  2. 安全欲求:身の安全を守りたい!
  3. 社会的欲求:孤独は嫌!
  4. 承認欲求:認めて!私を認めて!
  5. 自己実現欲求:もっとできる。俺ならやれる!

みたいなやつ。

 

これって結構的を得てるなあ、って私は思うんですが、みなさんどうでしょう?

例えばいま健康で家があってご飯食べれているなら、2までは絶対満たされていますよね。

日本は平和で医療の水準の高い先進国なので、結構多いと思う。

逆にここ満たされていないなら、まずそこを満たすべき。

 

そこから先は結構人それぞれで、いじめに悩んでるかもしれないし、ライバルに先越されて悩んでるかもしれないし。

詳しく話すと話の趣旨が変わるので避けますが、基本的に結構人間は欲求まみれだってこと。

そう、かくいう私もですw

 

で、レベルはどこかわからないけれど、とりあえずどこかのレベルで人は悩みやすいってことです。

そこから伸びたい、脱却したい、できれば褒められながら。

 

他人からは全て無理でも、自分くらいはね。

自分を褒めながら伸ばしたいもんですよ。なんでもね。

 

人によって褒め方が違うんです

そこで、「褒め方」なんですけどね。

私、ずっと不思議だったんです。

 

スッゲー!最高だよ!good!みたいな褒め言葉。

 

まじで適当だな。ってww

ごめんなさい。

 

 

そう、

褒め言葉が全然響かない。

 

 

これねえ・・・

本当に、超お世辞だと思ってたんです。

 

でも実は、人にはタイプがあると知りました。

 

すっごいざっくりなんですけどね、

  • 「最高!かっこいいわ!」みたいなお祭りテンションに乗せられるタイプ
  • 「君は〇〇のなかのトップだ!」みたいなわかりやすい表現に喜ぶタイプ
  • 「〇〇は君が誰よりも正確だったよ」みたいな褒める理由が欲しいタイプ
  • 「助かったよ!みんな支えられているね」みたいな期待に答えたいタイプ

 

こんな感じ。

 

もちろん場所とか場面とか立ち位置とか、

家庭や仕事でも違うと思うし、固定して私はコレ!みたいなのではないんですけどね。

 

でもこの4つだけでも結構褒め方違いません?

私結構びっくりしたんですよね。。

あの、「最高じゃん!」が、本当に最高の褒め言葉の人がいるんだ!って。

 

私は結構理由が欲しいタイプなんです。

「〇〇だから、すごかった」みたいな感じ。

あ、めんどくさって思わないで・・・!!

 

そりゃあ響くわけないわ。

テンションも上がらないよ。そりゃそうだ。ねえ。

 

自分が「アガる」褒め方は?

何事の頑張るときは褒められたいもの。

ご褒美を用意するのももちろん良いですが、

モチベーション上げるためにも、何が自分のご褒美言葉なのかって、結構大事です。

 

例えば、

仕事だったら、何年間やった、とか。

ダイエットなら、何日間継続した、とか。

 

私の場合は数字大好き。

だからルール作って守るとかも結構テンション上がります。

 

けど、そんなの無理ー!って思う人もいますよね。

はい、そこのあなた。そうでしょ?

 

それだけ人によって違うんです。

周りがやってるやり方が合わないこともよくあることなんですよ!

 

自分に合わせた自分への褒め言葉、みなさんは知っていますか?

 

まとめ

f:id:enustyle:20190423014346j:plain

photo by unsplash

 

今回は自分自身の褒め方についてでしたが、これって対他人の方が実は重要です。

自分のやり方押し付けるのは良くないよーってよくいうじゃないですか。

古いやり方がどうとか。

いや、それもあるんですけどね。

 

でも結局、どんな時代だって、

自分にとっては新しい努力をしなきゃいけない時。

形は違えど誰しもあるものです。

 

仕事に勉強に限らず、趣味や自分磨き、

もしかしたらそれは恋愛かもしれないけれど。

 

まずは、

自分への褒め方は何がベスト?

 

自分に一番ハマる言葉ってなんでしたか?

 

もしくは今まで一番嬉しかった褒め言葉とかね。

今後のためにもちょこっと考えてみるのもいいかもしれません。

 

どなたかの参考になれば嬉しいです。

 

 

それでは!