えぬすたいる

アラサー女子が「丁寧に日々を満たす」ために発信!コスメ紹介・ややミニマリスト・ブログ運営・考え方のコツetc.

【あえて非常勤になった話】働く上で譲れないことは?

 

 

元気に働きたい!

が、一番かなって、思っています。

 

 

f:id:enustyle:20190415211450j:plain

photo by unsplash



 

こんにちは、えぬです。

今日はタイトルに「よく働き」と入れているので(そのうち変えるかもだけど)仕事についての話を少々したいかな、と思っています。

 

 

まず私は常勤から非常勤になって8ヶ月くらいで、それまでは常勤勤務でした。順調にキャリアは積んでいましたが、それを捨てた形になります。

 

 

それはなぜなのか?

 

 

私も今後きっとどんどん変化すると思うけれど、迷ってる方へ参考になればいいかなと思っています。

 

 

 

えぬのしごと

 

えぬの仕事の概要
  • 医療系専門職10年目
  • 国家資格あり
  • 現在は非常勤勤務
  • 一年前までは常勤勤務(当直月5回ほど)
  • 職場は総合病院
  • 転職は2回くらい

 

こんな感じかな。

医療職なので職種はかなり限られているんですが、そこはまあ詳しく今回は説明いたしません。

 

仕事内容について

基本的に一般事務のOLさんよりは多分ハードです。命に関わるお仕事ですし。私の場合は特にややハード目です。神経も体力も使います。

でもまあ、そこは皆それぞれ責任というものを持ったお仕事されていると思うので、比べることはできないですよね。

まぁ大変そうよね、とはよく言われます。なので多分ハードめ。あとプチブラック。

 

 

現在の勤務形態

非常勤として、週3−4くらいで働いています。当直もなし。部署もそのままにしていただきました。ほんとこれはありがたかったです。。。

この勤務形態になって、8ヶ月くらいです。専門職なので、非常勤でも時給が高いです。ほんと、ありがたや・・・

 

 

就職するまでと、してからと

専門学校を卒業してこのかた、病院でしか勤務してきておりません。

なんとなく取った資格だけど、もともと器用貧乏だった私は、特に可もなく不可もない子供でした。

成績もスポーツもです。あ、美術はダメだったかなw

 

生まれてこのかた、これが私!と言えるものが特になかった。

  

結構大変な仕事で、新人の離職率も高い職場に新卒で入ったので、それはまあ大変だったんですが・・・

徐々に自立していくにつれ、いつの間にかお仕事は好きになりました。

この仕事しているのが自分なんだ、ってそう思っていました。認識はしていないレベルで。

自分が初めて得た肩書きと言いますか。

 

 

自分ではなんも気づいてなかったんですが、結構執着に近かったかもしれません。

自分のパーソナルな部分になっています。それは今も。

 

 

非常勤になった訳

f:id:enustyle:20190415211531j:plain

photo by unsplash
建前

仕事をしながら、自分にできることはないかとそう考えていました。仕事が嫌いな訳じゃなかったから、今思うと正直本当にそう思って動いていたかはわかりません。でもなんとなく。今の仕事しかしたことがなかったことへのコンプレックスはあった。

 

そんな中、コーチングスクールに入ります。そして、私自身も資格をとり、人様へ講座が開けるようになりました。

 

これ一本で食っていく!とまでは思ってませんでしかが、周りに同様のスクールの仲間がいたこともあり、やや引っ張られるように、コーチを仕事にしようと思っている部分はありました。

 

違う仕事にもチャレンジする!

 

これが建前でした。

 

 

 

本音

実はもう5年くらい前になるのですが、私は転職を一度しています。

というか、失敗しています。

転職先での私の指導係がややコミュニケーションに難のある人で、疲れてすぐに再転職?(っていうのかな?)をしています。

 

その際、鬱にはならなかったんですが、再就職する前に体調を思いっきり崩しました。

 

 

それでも、

 

仕事ができない、転職してしまった!

 

みたいな謎の不安があり、急いで今の職場へ入りました。

人間関係に悩むことはあまりなかったけど、崩れた体調は崩れたまま。

徐々に体調はましになりましたが、正直、社会人として認められないといけない気がして、体調が悪いまま突っ走りました。当直とかは本当に苦しかったなあ。

今思えば、そんなに焦らなくてもよかった気もする。。。

 

 

でもそこからさらに数年経ち、アラサーにもなり、

 

仕事は誰かが代わりにできるけど、身体は代わりがないよね・・・・

 

と思うようになり、自分自身に目を向けられるようになりました。

もちろん、経験を重ね仕事自体にもっと自信を持てるようになったからというのもあるかもしれません。

 

そこから退職を考えた時、非常勤になってはどうか?と対応していただきました。

上司は体調を気にかけ、とても評価してくれる人だったので、私も受け入れました。

そして何より、これから食べていけるかもわからない中で、安定した収入源を新しく環境を変えなくても得られることほどありがたいものはなかった。

 

以上の本音と建前のこの二つの理由から、私は非常勤になりました。

 

 

まとめ

f:id:enustyle:20190415211610j:plain

photo by unsplash



実際になってみて、やはり体調はぐーんとよくなりました。

ほんとやってみてよかった。

今まで常勤でしか働いてこなかったので、正直とても勇気がいりましたが、 この選択は間違ってなかったなと思います。

 

 

仕事以外の時間も健康的にすこぶる楽しめるようになりました。(これほんと大きい!!)

 

 

身体は本当に第一です。

 

 

もちろん、非常勤になるということは、デメリットもあります。

先にも書いたとおり、この仕事をしない自分ってなんだろう。という不安もあります。

私自身、もしも体調を崩さず健康なままだったなら、やはり今の選択をしていたかは自信がありません。そして、やはり今の職場のまま、今の勤務形態のまま、働くかといえば・・・おそらく働きません。

 

そして、また今後は少し働き方を変えるつもりです。

仕事に対する価値観は本当に人それぞれ。同じ人でもライフステージの変化で価値観は変わりますから。

正解はわからないものです。

 

 

でも、長く元気に働けることも選択基準の一つにしていいとは思います。

 

 

あくまで、えぬの感想ですけど、ね。

 

 

長くなってしまいましたが、あえて非常勤勤務になった話でした。

かなり特殊だし、参考になるかはわかりませんが・・・

もしもまたまとまれば、メリットデメリットなどもまとめようかな、と思います。

 

 

 

長々と読んでくださりありがとうございました!

 

 

 

それでは!